高齢者の孤立化。その現実を、変えていく。

えんがおは「笑顔の見える関係性で地域をつなぐ」ために、多くの人や企業と連携しながら、様々なプロジェクトに取り組んでいます。

 

 

最新情報

2017年10月14日 NHKラジオ第一「マイあさラジオ」でえんがおが紹介されました。

2017年 9月28日  CRT栃木放送にえんがおが紹介され、代表が出演しました。

2017年 9月14日 団体概要に新聞記事を掲載しました。

2017年 9月14日 団体概要に代表・濱野のインタビューを掲載しました。


活動内容

世代間交流事業

「学生・若者と地域がつながる場を作る」ことを目的に様々な世代が交流出来るイベントを実施。

 

対象:誰でも参加可能

参加費:300円(学生100円)

 

次回開催日:未定

 

 

生活支援事業

主に介護保険適用外の生活支援を学生や元気な高齢者などを巻き込んで対応。

活動者には、地域の契約店舗で特別サービスを受けられるボランティアチケットを配布。

 

 

地域つながり合い研究会

地域福祉に関心のある人たちを対象に月一回程度開催。知識共有やグループワークを実施。

 
対象:誰でも参加可能

参加費:300円(学生100円)

次回開催日:11月22日 19:00〜

場所:大田原市生涯学習センター

講師【飯島 惠子氏】

   NPO法人ゆいの里 代表

 

ご希望の方は問い合わせよりご連絡ください^^

 


団体設立の物語
「一週間に一回しか人と会話しない」 そんなことを話す高齢者に、地域で何度か出会った。 調べてみると・・・
「会話頻度が一週間に一回以下」の高齢者栃木県内に5,000人以上。独居高齢者の男性の内 「困った時に頼れる人がいない」と答えたのは20%。
人生の締めくくりの大切な数年間を、 誰とも話せず、誰にも頼れずに孤立化して終わる。 この現実が悔しくて、会社を立ち上げました。

 

 

制度はある。でも、制度だけでは届かない人たちがいる。

 

一方で、地域貢献したい!という意欲のある学生が沢山いる。

 

元気な人たちの力を生かして、高齢者が孤立化しない地域の仕組み(モデル)を作り、社会に広めていきたい。


私たちの使命 Mission 「地域の様々な人の力を活かして、 高齢者の孤立化の予防と 解消ができる地域の仕組みを作り、 実践していく」

 

 

そして、地域の中で出会う様々な人の強みを引き出し、地域のプレーヤーに変えていく。

 

 


80代女性。 ひとり暮らし。 会話は1週間に1回程度。 → 1週間に1~2回、 地域で学生と一緒に ボランティアに 行っている。

 

 

私たちは、いろいろな人が無理のない範囲で地域の高齢者支援に関われる形を目指しています。

 

 


ボランティアとして参加する

気が向いたとき、できる時間にできることを。一緒にやってみたい!という方は是非。ご連絡はお問合せフォームから。

 

 

Facebookで「いいね!」する

活動に共感し、広めてくれる。応援してくれる人が増える。それが、この活動の支えになります。

 

 


 

 

会員となり、資金的に協力してくれる人も、集めています。いただいた資金は、渾身を込めて高齢者・若者・地域の笑顔に変えさせていただきます。

 

 


1.活動会員(生活支援活動参加者向け

団体のプロジェクトに参加する方を対象にした会員登録です。総会への参加や、各活動への参加などの特典があります。

 

会費

500円/永年有効

 

特典

·総会への参加(議決権なし)

·各活動への参加

·プロジェクトの運営

 

·事務所の利用 など

 

入会のお手続き
活動を一緒に行った際にお手続きいただきます。

 

 

2.賛助会員

情報や活動内容·実績·悩みなどを共有しながら地域の高齢者支援を応援してくれるパートナーです。総会への参加や会報の送付、バナー広告の設置(団体会員のみ)などの特典があります。

 

会費

個人 1口 5,000円/年

団体A 1口 100,000円/年

団体B 1口 50,000円/年

団体C 1口 10,000円/年

 

特典

·総会への参加

·各活動への参加

·プロジェクトの運営

·会報の送付

·ウェブサイト、パンフレットへの団体バナー設置など(団体会員のみ。団体A バナー大、団体B バナー小、団体C テキスト)